オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

ドッチボール大会を終えて その3

<振り返ってみるあらふぉ~ 続きの続き>

途中で、「監督が来ないから練習しない」とキャプテン判断で練習せずに帰ってしまった日もありました。翌日、私から「試合に出るのは私じゃない。私が居なければ練習しないのであれば、私はもう来る必要は無いんじゃないかな?私は、頑張っている子供たちは応援するけど、みんなを頑張らせるために来ているのではありません。私の大会じゃないんだよ。あなたたちの大会で、あなたたちがどう頑張るのか?考え、決めるんじゃないの?みんなで大会当日まで、一緒に何をどうして行くのか?

私に監督依頼を自分たちでしたのは何?私が君らを連れて行くんじゃないでしょ。君らが私をドッチボール大会に連れて行くんでしょ?どうしちゃったの?大丈夫?」

困惑したキャプテンの顔。
キャプテンは、どうしてキャプテンなんだろうね・・・
私が思うキャプテン像は、自分の気持ちも大切だけど、チームみんなのことを優先して考える、そういう役割があるんだと思うよ。ただの俺俺俺様キャプテンは、かっこよくないと思う。チームの為に頑張っているキャプテンって、かっこいいから益々応援したくなるよ。間違えたら、それを正す、シンプルだよ、大丈夫、君をキャプテンと信頼してるよ。

下を向いてる子、我関せずぽか~んとしている子。
みんなも、誰かのせいにして自分は関係な~い、自分は悪くない~っていうのは駄目だよね。なになにがちょめちょめだから、あーでこーで滑って転んだから、だから・・・・「何っっっっ!!!!?」自分たちがやると決めたことは、自分たちでやるんだよ。自分たちでどうにかしようと努力することだよ。どうにもならないんじゃない、どうにかしようと頑張ることがとっても大事なんだよ。

最後に、みんな覚えでっかぁ~?
監督依頼を受けてミーティングをみんなでしたその日、私からお願いをしました。
監督とか、先生と呼ばないで下さい。〇〇くんのお母さんも無しです。
My name is 〇〇〇 です。Please call me 〇〇〇さん。よろしくぅ~!

私は先生でもないし、監督でもなくて、松岡修造のごとく熱き応援団のようなもんなんだ~よ。

f0105015_188587.gif人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています♪
[PR]
by shochubar-den | 2009-07-11 17:59 | 子供たち