オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

ドッチボール大会を終えて その7

「ボールを取って投げる」みんなやりたいよね。私もやりたくてしょうがないです。
でも、打倒〇〇!勝ちたいという君たちがこうしたら勝てると思うことを言ってみてください。

「強い人に投げさせる、ボール取れる人に任せる。」
モジモジしながら、残念そうに悲しい顔で答える子。
自信満々に、そりゃそうでしょ!!的な子。
そんな彼らに、
「じゃあ、大人な私の考えを言います。ドッチボールって内野の人数で勝敗が決まるんだよね?っていうことは、当たらないのが勝負ドコロ。取って投げることが勝負ドコロでは無いんだよね?でも、相手の内野の人数を減らさないと勝てない=ボールを取って当てないといけない。役割を分担してはどうですか?ボール取るのが自分で苦手だと思う人、ボール取って投げるのに自信がある人。夫々の役割をきちんと果たすことで、チームとして勝利するっていうのはどうでしょう?」

楽しい試合は、にこにこ笑ってプレイするのが楽しい試合ではないと私は思っています。
私が思う楽しい試合は、そこまでに一生懸命に取り組んで、試合でも一生懸命にプレイする、その一生懸命さから楽しいが生まれてくるんだと思います。だから、一生懸命に、自分たちのチームの為に頑張るっていうのはどうでしょう?

喧々諤々子供たちの大騒ぎしながら、話し合い。「キャプテン、まとめて報告してください。」
そして、キャプテンから、「みんなで役割分担して頑張ります。」うなずく子供たち。
分かりました、じゃあ、それで行きます。

f0105015_188587.gif人気ブログランキングへ←ブログランキングに参加しています♪
[PR]
by shochubar-den | 2009-07-11 21:03 | 子供たち