オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

中学時代の同級生

本日、中学の同級生がお家を建てたということで、所謂、新築祝いに行って参りました。
中学時代の3人仲良しさんだったのですが、気付けば、あれから20年以上の付き合い~。

三人共、関東に田舎から出てきたのですが、私だけが、田舎に再度戻り
離ればなれで、なかなか3人揃って会えなくなってたのですが・・・。

今回は、日程がたまたま合って、その三人がまた集まって、ぴちゃぴちゃ話に花を咲かせたわけです。中学時代から変わらない(つもりの)自分達なのですが、見れば子供達がわいわい
賑やかに遊び回っています。

私が東京の病院で闘病していた時に、二人がお見舞いに来てくれて、
「ちょっとぉ~、何なのよ~!大丈夫なのん?」といつものように
あっけらかんと来てくれて、凄いびっくりしたのを今でも鮮明に覚えています。
正直、嬉しかったです。

姉妹の様に、常に温かく、いつも聞いてくれて、ちゃんと叱ってくれる大切な友人です。

歳を取ったはずなのですが、三人の友情は変わらず、
こうして何年ぶりに会っても、いつも大の親友で居られる彼女たちに
心底「すげぇぜ!」と感謝。そんでもって、彼女たちの友人で居れる自分を
ちと、じまんまちっくに「えへっ」と嬉しく思ったのでした。

なんかさ、20年って結構あっという間なんだね。
人一人、成人しちゃうんだけどね~。

歳をとるにつれて、更に、友情が深まるって、すっごく嬉しいもんなんだなって
思いました。

友情ってすげぇ~いいっすぅ!
[PR]
by shochubar-den | 2006-10-08 23:18 | オーナーより