オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

岡本太郎

みなさんもご存知の岡本太郎氏の本を友人から借りたまま数ヶ月。
再度読み返しております。

その中から、

人生

「人間だれでもが障害者なのだ。たとえ気取った恰好をしてみても、
八頭身であろうが、それをもし見えない鏡に映してみたら、それぞれの
絶望的な形でひんまがっている。しかし人間は、切実な人間こそは、
自分のゆがみに残酷な対決をしながら、また撫でいたわりながら、
人生の局面を貫いて生き、進んでいくのだ。」

彼の語録集なのですが、以前は響かなかったフレーズが響くようになり、
本に改めて感謝するのでした。

>友人へ もうすぐお返しします~
[PR]
by shochubar-den | 2006-11-01 01:10 | オーナーより