オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

噛み酒

本日、テレビで微妙な情報をゲッツしてしまいました。
よく、アフリカかどこかの民族で、芋かなにかの根っこを噛み噛みして唾液で発酵させるお酒をレポーター男子が涙ながらに飲んで、男同士の熱き友情をぐわしっ!するっってやってるじゃないですか?

日本でも、お米を噛み噛みしてお酒を作っていたというのがテレビから聞こえてきた・・・。
興味はあれど、誰が噛み噛みするの?それを誰が飲むの?頭は妄想の渦。

弥生時代からあったんですねぇ~と素敵なアナウンサーの声が聞こえる。

ひえぇ、弥生時代から人は酔っ払いたかったのか?なんてこった?人は凄いなあ。
で、誰がそれを今やるの?どこの地方?ああ、またお笑いの人とかが飲むの?と
更なる妄想の渦。

すると、某東京○業大学での再現うんぬんと聞こえてきた・・。

なんだ、実験か、それじゃダメなんだ。
妄想終了~

オヤジなんだからさ、やっぱ、実際のオヤっさんたちとか、リアルでないとあかんのよ。
って、いいながら、いつもテレビで飲む瞬間すら直視できずに、チャンネル変えるんだけど。

以前、離乳食の時期に、噛み砕いたものを赤ちゃんに食べされいたらしい。
恐らく今はお口の衛生上、NGなんだけど、母子だと恐らく噛み砕く行為はOKなんだよね。
愛情とは恐ろしい力なのかもしれませぬぅ。
[PR]
by shochubar-den | 2007-01-12 00:00 | オーナーより