オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

花火

この夏の間、自宅で花火を沢山やったのですが、数回、「危ないめ」に遭いそうになった、家族を見ました。

打上げ花火なんですが、夜空できれいに花咲かせた後、火花が落下してくるのですが、その中に火花ではなく、火花付いたまま落ちてくる厚紙の塊なんです。

義理兄の顔、数センチのところをすっと落ちてきて、見ていた私の方が悲鳴にならない、息を吸い込む音無き、悲鳴・・・・。本人は、別の方向を見ていて、全く気がついていない・・・。

玄関の上の屋根に、ごんっと鈍い音をさせて、ワンバウンドさせて、玄関前に落下・・・。
音に反応し、振り返ると火花かすかに付いた塊・・・。わが娘そこにアリ・・・。ひぃ~!

本日は、ロケット花火を連発であげて喜んでいる70才に近いワタクスの母にめがけて、打上げ花火の残骸が落下しまいした。本人、全く気がつかず・・・。っていうか、気付かない彼女のほうに、ワタクス、目が点・・。

危ない目にあうことをやっと学んだ?ワタクスたちは、打ち上げ花火着火後、直ぐに軒の下に避難。あんまり、見えないんだよね・・・。次回は、今月末。うまくよけて、うまく見れる技を発見せねばと考えております。

今年は、日本製と○国製の花火を購入し、比較してみたのですが、日本製の花火の
色の多彩さと、花火の長さに、一同感動しました。ま、身びいきなんだけどね。

ラストの花火、がんばりまっす!
[PR]
by shochubar-den | 2007-08-20 23:38 | オーナーより