オーナーの独り言っす☆


by shochubar-den

娘っこに泣かれた日

うちの娘っこ、風邪で微熱を長期で出して弱っています。
日常、娘っこをおばあちゃんにいつも預けて、お仕事に出る私。
赤ちゃんの頃からずっとそうでしたから、娘っこも慣れっこ。

が、しかし、本日、「じゃ、行くね~♪」と言うと、
娘っこ、玄関で立ち尽くし、目に涙をうるうる浮かべているではないですか?!

高熱???と思い、手を娘っこの額に当ててみると、微熱程度。
「どした?」と聞くと、
「いっしょに、おしごといくの・・・。いっしょがいいの・・・。さみしいもん。
いかないで、ママ・・・・。」とポロポロ涙を流すではないですかぁあああ!?

そんな娘っこ、初めてでしたから、娘っこと一緒にいてあげることにしました。
女の子の涙は、確かに何かしらのパワーというか、愛らしさがある・・・。

勿論、一部お仕事はキャンセル。一部には彼女を連れて行きました。久々に、彼女とべったり過ごしましたデス。ああ、なんて贅沢に時間を過ごしたんだろう・・・。
早く治ってくれるといいのだけれど・・・。

ちなみに、私は、風邪で寝込むと、「ごめんなさい」と謝ります。
高熱だったりすると、「もうしませんから」ともっと意味不明に謝ります。
病気になると、かなり弱気になるのは、大人も子供も変わらないのかもしれません。

f0105015_188587.gif人気blogランキングへ←ブログランキングに参加しています。クリックおねがいします~
[PR]
by shochubar-den | 2007-10-10 22:20 | 子供たち